お客様本位の業務運営に関する宣言

私たち株式会社スキップスは、全うな保険を世に広めていく志を持った上で全てのステークホルダーの「不」を解消することに努め、お客様本位の業務運営を行うことを最重要経営課題として、以下に掲げる取組みを行うことを宣言いたします。

1. お客様に喜んで頂く為の情報やサービスの提供

お客様が「何でもスキップスに聞いてみよう」という存在を目指します。具体的には、保険商品の提供のみならず生活や企業運営に有益な情報の提供や、お客様のご相談に対応出来得る様に各分野のエキスパート(弁護士・公認会計士・税理士・社会保険労務士等)を顧問に迎え、ステークホルダーの「不」の解消支援をいたします。
お客様に「明るく楽しくいつまでもスキップするが如く」お過ごし頂く為にこれからも体制整備をして参ります。

2. 多様な知識を活かした保険商品のご提案

商品知識は勿論のこと周辺知識の習得に努め、募集においてはお客様からのヒアリングをもとに潜在的なご意向をも明瞭にした上で、お客様に最適な保険商品をご提案いたします。
弊社では、保険商品の研究や募集人向けの各種研修を頻繁に行っておりますが更に最新の知識や情報を取り入れ、移り行くお客様のリスクに対応可能な商品のご提供を心掛けています。

3. 利益相反の排除

弊社は保険代理店として、保険商品の販売を行う対価として、当該商品を提供頂く保険会社から代理店手数料を受領します。保険の販売・推奨にあたっては、お客様の利益を不当に害することがないよう、「コンプライアンス基本方針」を定めて適切なルールと管理体制を構築し、販売活動を行っています。また、自分の取るべき行動に迷った時は、次の基準に照らして判断します。

・自らが信じる「保険の正道」を貫いているか

・自分の良心に反しないか

・社会通念に照らして正しいか

・自分の家族や友人に胸を張ってみせられるか

・本当は正しくないと分かっているのにやっていないか、やろうとしていないか

・社会やお客様からの信頼を損なわないか

・間違いに気づいた時にすぐ直す勇気を持っているか

4. 人財育成体制

弊社の使命は、保険募集人自らが信じる『保険の正道』をお客様に広くお伝えすることであると考えております。弊社の代表である近藤自らも社員向け勉強会を毎月複数回開き、全てのお客様に全うなご提案を行うよう様々な角度から繰り返し繰り返し指導・教育しております。また、半年に1回お客様の声を集計・分析し、問題点についてはその原因究明と再発防止策の徹底を図り募集人全員で共有しております。基礎教育としては、毎月コンプライアンス研修及び確認テストの実施等を行い、募集人が誤った行為を行わない様に教育を行っています。

お客様本位の業務運営のためのKPI設定について

私たち株式会社スキップスは、お客様本位の業務運営を推進するにあたり、その水準および進捗度、周知度等を検証するため、下記のとおりKPIを設定し、一定期間ごとのその内容等をチェックし、改善に努めてまいります。
なお、この検証において、これらの内容が実態にそぐわないと判断された場合については、都度見直しを実施し、さらなるお客様本位の業務運営に資する内容に変更をしてまいります。

1.『 全体売上に対する生保・新規事業の売上割合 30% 』

損害保険のみでは私たちの大切なお客様をお守りできないと考えております。
お客様のご意向の聴取、潜在ニーズを引き出し、生命保険や新規事業と呼ばれる様々なサービスで
お客様の「不」の解消に努めます。

2.『 お客様の声起票件数 年間300件 』

お客様から寄せられた「ご不満・ご意見・ご要望」等のお客様の声は真摯に受け止め、改善・サービス向上に取り組んでいきます。また、「お褒め・感謝」の御言葉もお客様の声として有難く頂戴し、記録します。全てのお客様の声は全募集人に開示し、再発防止策の徹底や成功事例の共有を図り、人財育成に励みます。

3.『 勉強会及び研修開催回数 年間総数250回 』

自己研鑽に努めるのはもちろんのことですが、目まぐるしく変わる保険商品にきちんと対応するべく、 保険会社の方を講師としてお招きし、定期的に勉強会を開催しております。
また、弊社の考える「正道」を周知させ、全うな保険販売を心掛けていくためにも、保険に限らず様々な勉強会を開催し、知識を深めていきます。